料理の鉄人の番組が復活したこと

料理の鉄人の番組が復活したこと

10何年かぶりに、料理の鉄人という番組が復活しました。大好きな番組だったので、始まる前からテレビの前に座ってカウントダウンしている状態でした。普段は、テレビを見ながらの食事はいけないことにしているのですが、私の自己都合で勝手に変更し、食事も食卓からテレビの前の座卓へと移動し、見ながら食べるという始末でした。

 

昔は、鉄人VS挑戦者という構図でしたが、初回は番組の用意した鉄人に対し、初代鉄人の一押しの料理人がノミネートされ出てくるという見応えの内容でした。和食の鉄人、道場六三郎の推薦した跡継ぎや中華の鉄人、陳健一の息子が対抗馬として出てきて、どれもこれも美味しそうな料理の数数に、目の前のご飯も美味しく感じられてしまうという奇妙な現象が我が家ではおきていました。

 

結婚して、台所にたつようになってつくづく思いますが、料理は段取り力が必要なので、結構頭を使います。そして、気持ちをこめなければ、レシピ通りに作っていても美味しくできあがりません。
同じメニューを同じレシピで作っているのに、今回よりも前回の方が美味しかったということもあり、料理は奥深いと思っています。そんな料理の対決シーンというのは、ある意味スポーツを見ているようでもあり、はらはらドキドキして面白いです。料理人の生き様といいますか、人柄も出てきて、今時めずらしく見応えのある番組の復活にとても嬉しく次回の放送を待っています。